介護福祉士国家試験「模擬問題集2021」が刊行されました

2020年6月4日

介護福祉士国家試験「模擬問題集2021」

このたび、中央法規出版より『介護福祉士国家試験模擬問題集2021』が刊行されました。

代表社員池田ひろみが、「介護過程」「総合問題」の問題作成と解答・解説を担当執筆しております。

定価 3,000円(本体価格)

本書の内容から

総合問題 次の事例を読んで、問題について答えなさい。

[事例]
Sさん(56歳、男性)は、脳性麻痺で体幹機能保持困難、四肢に麻痺があり拘縮が進んでいる。言語障害があり発語は不明瞭であるが、言語の理解には問題はない。障害程度区分5の認定を受けている。室内では介助式車いす、屋外では簡易電動車いすを使用している。Sさんは、在宅勤務の事務の仕事をして収入を得ながら、自宅で重度訪問介護サービスを利用してひとり暮らしをしている。
最近になってSさんは、歯と歯茎の痛みを強く感じるようになり、歯科受診を続けている。診断は、歯を食いしばることにより、歯と歯茎に過度の負担がかかり、歯周病が進行しているということだった。歯科医師からは抜歯して総入れ歯を作ることを勧められている。Sさんは、介護者の負担を気にして入れ歯を作る決断ができていない。

問題 Sさんが利用している重度訪問介護サービスの根拠となる法律として、正しいものを1つ選びなさい。

  1. 発達障害者支援法
  2. 介護保険法
  3. 社会福祉法
  4. 老人福祉法
  5. 障害者総合支援法

解答 5

解説

  1. × 発達障害者支援法は、発達障害を有する人に対して学校教育や就労の支援等を定めた法律である。
  2. × 介護保険法は、65歳以上もしくは特定疾病を有する人に対する介護について定めた法律である。
  3. × 社会福祉法は、福祉事務所、社会福祉主事、社会福祉法人などについて定めた法律である。
  4. × 老人福祉法は、老人福祉施設、高齢者に対する福祉の措置、老人福祉計画などについて定めた法律である。
  5. ○ 重度訪問介護は、障害者総合支援法の介護給付のサービスである。重度の肢体不自由で常に介護が必要な者に、自宅で入浴、排泄、食事の介護、外出時の移動支援などを総合的に行うサービスである。

ご注文はこちらから

合同会社うえるかむではこの模擬問題集の斡旋販売をいたします。購入をご希望の方は、下記の申し込み用紙に必要事項をご記入の上お申し込みください。

お申し込み受付後1週間程度で、送料無料にてお届けいたします。代金は、書籍到着後、同封の郵便払込用紙にて郵便局よりお支払いください。払込手数料はかかりません。当社が負担いたします。

メールでのご注文はこちら

ご注文冊数必須  冊
お名前必須
ふりがな必須
メールアドレス必須
ご住所必須 郵便番号 -
都道府県
市区町村
住所
電話番号
連絡方法 このお問い合わせについての回答は
メッセージ

合同会社うぇるかむ
このページのトップへメールでお問い合わせTEL:011-876-9463