ボランティアの基本

1.「ボランティア」とは

(1)ボランティアの本来的な意味合い

  1. 自発的な取り組み・・・自分達の力で自分達の暮らし、家族、地域を守りたい

(2)ボランティアの持つイメージの変遷

  1. いつでも、どこでも、誰とでも
  2. できることを、できるときに、できる分だけ
  3. 求めることを、求める人に

(3)ボランティアを始めるきっかけ

  1. ほっておけなかったから
  2. 社会の役に立ちたいと思ったから
  3. ご恩返し

(4)ボランティアを受け入れる人の気持ち

  1. ボランティアの力を活用して、豊かに暮らしたい
  2. すべてを任せたいわけではない
  3. 自分のことは、自分で決めたい
  4. すぐに解決してほしいわけではない

(5)ボランティアをしてよかったと思えるとき

  1. 人とのつながりを感じられるとき
  2. 生き甲斐、やり甲斐を感じられるとき
  3. 自分の存在価値を認められるとき
  4. 「ありがとう」と言ってもらえたとき

(6)ボランティアをする人も、受ける人も大切にされるために

  1. 相手の人を大切にする心遣い
    • 気持ちに寄り添うきめ細かな気配り
    • 気持ちを理解しようとする努力
    • 気持ちを受けとめる丁寧な会話

2.ボランティア活動の推進力

(1)ボランティアをしてくれて「ありがとう」

  1. 自分は、どれだけ言っているだろうか
  2. どれほど言われているだろうか

(2)ボランティアをされてくれて「ありがとう」

  1. 自分が健康であればこそ
  2. 家族の協力があればこそ

(3)「ありがとう」の威力

  1. ボランティアのやる気を引き出す一言
  2. ボランティアの心を育てる一言

(4)「あの人がいるから」という原動力

  1. 人と人とのつながりの大切さ
  2. あの人と一緒だから続けられる、という安心感

3.ボランティア活動に必要な倫理(モラル)

(1)人として、してよいこと・してはならないこと

  1. 秘密を守る
    • 守れないなら、聴かない
  2. 約束を守る
    • 守れそうもない約束は、しない
  3. 自分がされたら嫌なことは、しない
  4. 自分が言われたら嫌な言葉は、言わない
合同会社うぇるかむ
このページのトップへメールでお問い合わせTEL:011-876-9463