今、求められているボランティア活動とは

1.「ボランティア」とは

(1)ボランティアの本来的な意味合い

  1. 自発的な取り組み
    • 自分たちの力で、自分たちの暮らし、家族、地域を守りたい

(2)ボランティアの持つイメージ

  1. いつでも、どこでも、誰でも
  2. できることを、できるときに、できる分だけ
  3. 求められることを、求める人に、求める分だけ

2.今、求められているボランティア活動とは

(1)地域で支え合う絆づくり

  1. 高齢者・障がい者を孤立させないための取り組み
    • 孤立しやすい人たちとは
      • ひとり暮らし高齢者
      • 高齢夫婦ふたり暮らし
      • 高齢親と中高年の子どもとの暮らし
      • 障がい者と介護者との暮らし
  2. 子育て世代を孤立させないための取り組み
    • ひとり親家庭
    • 応援者のいない子育て家庭

(2)介護予防の取り組み 介護保険制度の総合事業として

  1. 介護が必要になる手前の人たちへの支援
    • 地域での支え合い
      • 簡単な生活支援
    • 見守り活動
    • ご近所づきあいの復活
      • 茶飲み友達
      • ミニサロン
  2. 介護が必要な人たちへの支援
    • 介護保険の施設等でのお手伝い
  3. 自分自身の健康維持・増進
    • 社会貢献という社会参加
    • 活動を通じての人との交流

(3)災害時に備える絆づくり

  1. 近隣住民による初期救援活動のために
    • 住民同士の安否確認、所在確認
  2. 緊急時の避難誘導のシミュレーション
    • 誰が、どこに、誰と暮らしているかの把握
    • 誰が、誰を助けに行くかの想定

(4)生活の不便を取り除くための支援

  1. 自家用車がない人たちへの支援
    • 買い物弱者対策
    • 通院弱者対策
  2. 人口減少による過疎化
    • 社会基盤整備の削減への対応

3.ボランティア活動のありかた

(1)ボランティアを受ける人の思い

  1. 自分で成り立っていた生活が、できづらくなっていく
    • 諦めることが増えていく
    • それでも諦められないことがある
  2. すべてをお任せしたいわけではない
    • 自分でできることは、自分でやりたい
    • 自分のことは、自分で決めたい
    • できないところだけ、手伝ってほしい
    • よけいなことはしないでほしい、言わないでほしい

(2)ボランティア活動をする人の思い

  1. 負担が少なく、貢献したい
    • すべてを任されるのはしんどい
    • 自分が得意なこと、好きなことを活かしたい
    • 無理のない範囲で、手伝いたい
  2. トラブルに巻き込まれたくない
    • 人との関係で辛い思いはしたくない
    • 困ったときは、相談して解決できる人がいてほしい
    • ルールに則って活動したい

4.自分なら、どのような人に支えられたいか

(1)「この人になら、頼める」と思える人とは

  1. 「わたし」の気持ちを大切に思ってくれる
  2. 「わたし」のペースで事を進めてくれる
  3. 「わたし」に決めさせてくれる

(2)「こういう人には、頼みたくない」人とは

  1. 「わたし」の気持ちを思ってくれな
  2. 「わたし」よりも優位に立とうとする
  3. 「わたし」のペースを待ってくれない

5.ボランティア活動で大切なこと

(1)倫理(モラル)

  1. 人として、してよいこと、してはいけないこと
  2. 秘密を守る
  3. 約束を守る
  4. 金品のやりとりはしない
合同会社うぇるかむ
このページのトップへメールでお問い合わせTEL:011-876-9463