ボランティアを育てる仕掛けづくりとは

1.「ボランティア」とは

(1)ボランティアの本来的な意味合い

  1. 自発的な取り組み
    • 自分たちの力で、自分たちの暮らし、家族、地域を守りたい

(2)ボランティア活動のイメージ

  1. いつでも、どこでも、誰でも
  2. できることを、できるときに、できる分だけ
  3. 求められることを、求める人に、求める分だけ

(3)ボランティア活動を始めたきっかけ

  1. ほっておけなかったから
  2. 社会の役に立ちたかったから
  3. ご恩返し

(4)ボランティア活動をしてよかったと感じられるとき

  1. 人とのつながりを感じるとき
  2. 生き甲斐、やり甲斐を感じるとき
  3. 自分の存在価値を感じるとき
  4. 「ありがとう」と言ってもらえたとき

2.今、ボランティア活動を始めたい人の思い

(1)負担感を少なく、貢献したい

  1. 無理のない範囲で手伝いたい
  2. 責任が大きい役割は敬遠したい
  3. 自分が得意なこと、好きなことを活かしたい
  4. 長期的な予定を組み込まれたくない
  5. いつでも辞められる気楽さを求めている

(2)トラブルに巻き込まれたくない

  1. 人との関係で辛い思いはしたくない
  2. 余計なおつきあいはしたくない
  3. プライベートの情報は出したくない
  4. 困ったときは、解決してくれる人がいてほしい
  5. ルールに則って活動したい

(3)既存のグループに入るのは、とても抵抗感がある

  1. 出来上がったグループのルールにあわせるのはご免
  2. ボランティア活動以外のことで気を遣いたくない
  3. 「後継者が来た!」はご免
  4. 自分の意見はさほどないのだけれど、他の人の意見に従うのはご免

3.ボランティア活動の仕掛け

(1)まずは「楽しい」「また来たい」と思ってもらうことから

  1. 「ようこそ」と歓迎することから
  2. 達成感、自己肯定感、社会貢献の満足感を得てもらえたら
  3. 「あの人がいてくれるから大丈夫」と思ってもらえたら
  4. 大切にされている、必要とされていると感じてもらえたら

(2)ボランティア活動そのものに没頭してもらうことから

  1. 「若い人がいなくて・・・」は御法度
  2. ボランティア活動の“良さ”をコトバで伝える
  3. プラスのコトバをたくさん遣って話をする

(3)ボランティアをする人が変われば、活動内容も変わる

  1. 若い人には、若い人のやりやすさがあると割り切る
  2. 一人の負担を少なくする
    • 労力
    • 回数
    • 時間
    • 経費
  3. ひたすら話を聴く
    • 希望を聴き出す
    • 叶えるための努力を惜しまない

4.ボランティア活動を終えるとき

(1)終わることは、素晴らしいこと

  1. 役割を終えたときは、多いに喜びましょう
  2. 必要なときには、新たに始めましょう
合同会社うぇるかむ
このページのトップへメールでお問い合わせTEL:011-876-9463